いなたいショーケース

より豊かな暮らしに関する考えを反射的に書いていくブログです

ローカルイベントに必要な、楽しさの成分

地域のコミュニティに関わるプロジェクトの目的を考えていくと、どうしても「課題解決」の要素を外すことは難しいです。


今仕事をしているひばりが丘団地でも、高齢化率は40%以上にもなり、自治会でも「地域の担い手」を必要としています。

また、そんな担い手となる若い人を増やすにも、例えば「知り合いがいない地域に引っ越しても子育ての悩みを解決できる場がないと不安・・・」というような、地域の抱える課題を耳にしたります。


そういった想いを聞きながらぼくらコミュニティデザイナーは、人の出会いを創出しようと地域の方を交えたトークイベントや、ちょっとしたパーティーを開催したりするのですが・・・どうしてもそのイベントの正当性とか、意義みたいなことを押し出してしまうことがあります。

果たしてそれで参加者の方は自分たちの想いを汲み取ってくれるのか。そんなことを思っていた矢先、昨日はこんなイベントに参加しました。


localeventtalk.peatix.com

アサゲニホンバシ・ヒルズブレックファースト・としま会議・コウトーク 東京の各エリアで活動する4つのローカルイベントオーガナイザーが集結!それぞれの活動を紹介するとともに、ローカルイベントのつくりかたとこれからについて語り合う一夜! - LOCAL EVENT TALK【トーキョー発ローカルイベントのつくりかた】 | Peatix

4つの地域で開催されているゲストトークイベントについて、それぞれの企画の運営者の方々にその運営ノウハウや地域への想いについてお話を聞く事ができました。


その中で、としま会議を運営する中島明さんは、運営で心がけていることを「正しさよりも楽しさが重要」と話していました。

f:id:koumei_hiro:20170809082841j:plain

まちのプレーヤーは楽しさに集まってくる?

特に印象的だったのは、中島さんの「地域の活性化を謳っているようなイベントに地域活性につながるような人が来てくれるわけがないと思っている」という話。これには自分も膝を打ちました。

たしかにプロデューサー気質の人が集まってばかりでは、まちを楽しくするプレーヤーが集まらないと普段の暮らしは豊かにならない。夕飯を食べに来るテンションでやってきて、そこで思わぬ出会いが生まれる・・・といった流れのほうがいいのかもしれません。


また、過去に自分もインターンでお世話になっていたstudio-Lの山崎亮さんも、同じような話をされています。

課題解決に対するアプローチを考えると、どうしても「こうあるべき」という“正しさ”が先行してしまいがちですが、“正しさ”のためだけに動ける人はそんなに多くない。 逆もまた然りで、“楽しさ”があれば、人はどんなに難しい課題に対してでも、自発的に試行錯誤できるんです。課題解決のプロセス上に、“楽しさ”を見出して提示していくことが、コミュニティデザインのカギになるなと実感しています。

コミュニティデザイナーの役割は、“楽しさ”と“課題解決”をつなぐこと――studio-L・山崎亮さんのまちづくり - ご近所未来ラボ by ご近所SNSマチマチ

なるほど。

正しさで動ける人よりも、楽しさによって自発的に動く人のほうは多い。 「正しさ<楽しさ」はローカルイベントもそうですし、地域活性に関わるプロジェクトすべてにつながる話なようです。


ではその「楽しさ」とは何なのか。どんな事柄に人は暮らしを「楽しい」とお思えるのか。これから検証していく必要がありそうです。


自分も引き続きまちにわ ひばりが丘でローカルな魅力を感じてもらう企画をつくっていきますが、意義よりも先に「楽しい」「おもしろい」「かっこいい」と思ってもらえるようなイベントデザインを心がけていきたいと思います。

それでは今日はこのへんで。


ひばりが丘団地エリアの「街に和」を描く、まちにわ ひばりが丘の概要はコチラ↓ machiniwa-hibari.org

許容と約束のまちづくり

先日はこちらのイベントに伺いました。

アーツ千代田3331(以後3331)がオープンしてから7周年ということで開催されたイベント。3331は千代田区の持ち物でありながら、指定管理ではなく、事業体が賃料を支払う形の民間運営を選んだところがハイライトですね。

今回のイベントもその運営スキームが全国から注目されているという話がある中で、行政マン向けのリノベーションまちづくりの意識付けがメインでした。(おそらく)

 

その話の中で自分が気になったのは、スピーカーの清水義次さんが強調していた「(3331モデルは)東京だからできる、アート施設だからできるのではなく、パブリックマインドを持った担い手がいることが重要」という話です。

担い手に出会う偶然がすべて?

スキームを持ち帰ればまちづくりが成功する幻想を抱いている人は最近は少ないと思いますが、一方で、「まちづくりがその地域にいるプレーヤーの素養ありき」という、どちらかというとネガティブな方向での論を耳にすることは今でもあります。人材を見つけられるかどうかは偶然の産物、と言わんばかりの姿勢ですね。

 

自分も土着的なまちづくりプロジェクトに関わっていて思いますが、「担い手の発掘・育成」は答えがあるのかどうかもわからない、本当に探求しがいのある分野です。

それだけに、地域で活動している人たちが依頼に応えてくれるかどうか、そもそも自分の事業としてフルコミットできる才能豊かな人材に出会えるかどうかの偶然に、プロジェクトの行方を委ねるのは少しもったいないな、というのが自分の考えです。(3331に関わる方々や、リノベリングのみなさんが担い手を運頼りにしているとは思いませんが)

 

もちろん偶然も縁も大切ですし、自分の関わっているプロジェクトにおいても、こんなに才能豊かな人たちがいるのかと思うことも多々あります。大手企業の役員経験者がフラッと地域の集まりに来てくれて経営的センスを発揮したりするのも、ローカルなまちづくりの面白いところです。

しかしその偶然を頼りにしながらも、民間主体という気持ちのいい言葉を盾にして、投げっぱなしにしてほしくない。受け手になるのではなく、1プレーヤーとして担い手の育成、ひいてはまちの暮らしに関わり続ける責任は、行政、デベロッパーなどの開発主にはあると思っています。

投げっぱなしの地域、ありませんか?

 

ヒントは「許容と約束のバランス」

3331モデルの特徴の一つとして、「公・民のバランス」のとれたガバナンスが挙げられます。民間事業者が好き勝手に活動するのではなく、評議委員会を設立し、その中でクオリティ・コントロールをしながら運営を行なうというものです。

アーティストたちの企画力、経営感覚の優れた人材によるオペレーション、マネジメント。人材の能力を最大限に活かしつつ、公共性も担保するための運営管理が両立できているところが、自分は3331モデルの中で担い手育成の一番のポイントになっているのではと考えています。

 

これからは都市部でも地方でも、行政(または開発主)が民間事業に対して許容性を持ち合わせながら、約束事を徹底させるコミットが大切なのではと思いました。

それでは、今日はこのへんで。

 

未来の仕事選びは「楽しい」から始まる

先日、職場近くの中学校で職業講話があり、お呼ばれされました。

 

「中学の時の自分を振り返るいい機会になるよ!」とモデレーターの人に言われたので、自分が中学校の時に何考えてたかなーと振り返ってみましたが、

あの時は本当に部活と、休み時間にする変な遊び(男6人くらいで、手をラケット代わりにして卓球のラリーをリレー形式で続け、ラリーが失敗したらそこから鬼ごっこが始まるという謎ゲーム)で盛り上がっていました。

仕事とか脳裏に浮かんだことなかった気がする。

 

そんなぼくなので、あんまり今の自分の仕事のやりがいとか伝えても面白くないよなー(ぼくが中学生だったら、やりがいとかあんまり理解できないであろう)と思って、ちょっと違う話をしました。

下は話の最後に入れた、「10年前はなかった(*1)この仕事をどうして選び、どのようにしてお金を貰えるようになるまでなったのか」という趣旨のスライド。

最近けんすうさん(@kensuu)のIVSでのプレゼン記事を読んでて、そうだよなあと。働き方が日に日に変わっていく現代で、リソースを効率よく注ぐとしたら、辛いことより、楽しいことのほうがいいよなあと、ぼくも思います。

先月開催した、現役教員と一緒に学校・教育について語り合うイベント「ここだけの保護者会」
先生たちはみんな楽しそうに仕事について話してくれた。

嫌で没頭できないよりは、のめり込んで仕事できるほうが、良いですよね。成功確率は上がりやすい。 ぼくの場合はご近所づきあいを楽しくすることが、仕事を始めた当時も、今も、何よりも楽しいと思えます。

 

以下は、スライドの続き。

まあさすがに50年間やるかどうかはわかんないですけど。 でも、このネイバーフッドデザイン(=ご近所づきあいを通じた課題解決)という仕事に直面した時、たとえ雇用されなくても、この狭い世界に飛び込みたいと思えたことは事実でした。

「遅いより速いほうがいい。」 

これは有名な「Googleの発見した10の事実」の一つですが、大学院に落ちインターンを終えて空っぽになった自分には、他の選択肢はなかった気がします。

 

今の中学生がこんなぼくみたいに追い込まれた仕事探しをする必要はないと思いますが、好奇心のまま面白そうなところに飛び込んで、それを仕事にしちゃう、みたいな未来が待っている気がしています。

大事になってくるのは、仕事にできそうな嗅覚的な要素ですかね。それも今は趣味でプログラミングしたり、メルカリで利益出したりする中で養われていったりしそうですけど。

 

数えてみたら話をした生徒たちが一回り下だったことが一番焦ったんですが、 中学生たちの未来に幸多からんことを祈っています。

 

 

*1 あったかもしれない

共同体ブラザーズのイベント「これからの住まいと共同体」に登壇しました

f:id:koumei_hiro:20170805202544j:plain先月3/10に、greenz.jpコミュニティエディターの植原正太郎さんと自由大学キュレーターの佐藤大智さんによるユニット「共同体ブラザーズ」のイベントにゲストとしてお呼ばれしてきました。

詳しいレポート記事はこちら!

(共同体ブラザーズのFBページには動画アーカイブもあるっぽいよ!)

 

「これからの住まいと共同体」というテーマに沿って、自分はまちにわ ひばりが丘のこれまでをお話しました。

としま会議の時もそうだったのですが、張り付きの常駐業務をやっている中でアウトプットの機会をいただくと、頭の中が整理され、今の現状と理想とのギャップを再確認できて、良い棚卸しの時間になっています。

 

ひばりが丘での取り組みは、エリアマネジメントでいうといわゆるCID(Community Improvement District=住宅地コミュニティ活性のための準政府組織)に近い部類に当たるのかもしれませんが、経済性、主体性の部分でもっとできることがあると思っています。

今年は幅広い視点でのインプットと、精査されたアウトプットを伸ばしていく一年になりそうです。

としま会議 vol.21に登壇しました

豊島区在住の人達が登壇し、ジャンル、世代を超えて“としま”に関わる人々が数多く集まるトークイベント、としま会議。
昨年10月3日に池袋西口にオープンしたシェアードワークプレイス「co-ba IKEBUKURO」にて開催された、1月23日の「としま会議 vol.21」にお招きいただきました。
豊島区内で活動はしていないのですが、豊島区在住ということでほか4名の素敵なゲストと一緒に、今のお仕事についてお話してきました。
ちなみに、日の出ファクトリーを運営する中島明さんによる紹介文はこちら。
“大学時代・心理学を専攻していた田中さんが選んだのは、研究者としてでなく、実践者として現場に身を置く道。東日本大震災の後、陸前高田に入り活動したこともきっかけとなって、人と人がつながる仕組みをつくるという今の仕事に力を注いでいます。 フリーランスのコミュニティデザイナーとして、いつも大切にしているのは、“人の未来に寄り添う”というスタンス。としま会議[vol.21]ではコミュニティデザイナーの田中宏明さんに、日々の取り組みや、仕事に対する想いについてお話しいただきます。”

素敵〜!!笑

ということで、今の仕事に行き着くまでの経歴や、お題「“人の未来に寄り添う”とは」というちょっぴり難しいテーマについて、振り返り、考えを巡らせる時間となりました。

30人くらいの前でお話したのはとても久しぶりだったので緊張しましたが、棚卸しのいい機会をいただけてとても感謝しています。

どうもありがとうございました!

今年よく聴いた邦楽まとめ2016

f:id:koumei_hiro:20170805203041j:plainありがちですが、今年よく聴いた曲を紅白見ながら備忘録としてまとめてみました。書きなぐってみたらすっごく長くなったので、年始の暇な時間で覗いてみてください。 (本当はアイドルも入れたかったのですが、あまりにも多かったので別にします。笑)

never young beach

ポストはっぴいえんどはきっとこの人たち。

「ほぼ小松菜奈PV」のこの曲でバズったものの、元々この曲が収録されてるアルバム自体がすごく良い。CINRAのインタビューで語ってるように、身辺・心情の変化もありつつ、日本語フォークのカッコよさがさらに滲み出てきた気がします。

『明るい未来』が好きです。(こっちもkanocoさんがかわいい)

Yogee New Waves

去年『CLIMAX NIGHT』を聴いて衝撃を受けてから、今年前半にかけてしばらく聴いてた覚えがあります。ユーミンサニーデイ・サービスから影響を受けた、シティポップの王道のような落ち着きと心地よさ。

個人的にはボーカルの角舘さんが曽我部恵一さんとセッションしたバージョンも好き。

LUCKY TAPES

前作アルバム『The SHOW』がすごく良かったんだけど、2nd『Cigarette & Alcohol』も相変わらず聴きます。ファンクっぽさというか、ブラスが好きなので。 線が細い感じだったのが、だんだん厚みのあるメロウな雰囲気になった気がします。

 

なんか、海さんの唇がセクシーだよな・・・笑

フレンズ

すごくかわいい歌詞で聴いてると、いきなりくまだまさし似のひろせひろせさんが出てきて、すごくハマりました。笑 BassはThe telephonesの長島さん。

 

Voおかもとえみさんの透明感も好きで、メンバーそれぞれフレンズ以外の活動があったりする(した)のが、今後引き出しが増えそうで楽しみです。

そして、ここまで紹介したほとんどの人たちが90年〜92年生まれの自分と同世代の人たち。なんだか嬉しいなあ・・・

SHE IS SUMMER

去年ハマったふぇのたすが、残念ながらパーカッションの澤さんが亡くなられたのに伴い解散。Vo  MICOさんのソロプロジェクト『SHI IS SUMMER』が動き出しました。この曲は同じくふぇのたすメンバーだった山本奨さんも作詞担当。

ちなみに、タワレコ&ビレヴァン限定のEPは高橋海さん(LUCKY TAPES)、角舘健悟さん(Yogee New Waves)も参加してます。

DYGL, Ykiki Beat

おそらく並列にするのはあんまり良くないんだけど、Ykikiのメンバーが3人いればほぼ同じじゃないか?笑

DYGLのほうがイギリス・ガレージっぽい感じが強い。Arctic Monkeysみたいな。

相変わらず夏になると『Forever』聴いてしまうんですけど。笑 無骨なYkikiも好きです。

The fin.

去年の終わりからすごく好きになったグループ。シンセポップも好きです。去年のりんご音楽祭にも出てたらしくて羨ましい・・・

オシャレすぎるビジュアルが逆になんか面白くて笑ってしまうんだけど、洗練されるってこういうことなのかと思いつつ、でも24歳とかなんだよな・・・ どうでもいいけど、Voの着てるロングジャケットすごい好き。

 

D.A.N.

こんな人たちがまだ22歳なのか・・・と震えたD.A.N. 多くのミュージシャンや関係者が気になる存在になっていきました。

ベースが気持ちよくて、メロウに踊れる。

本当に同年代とか、その下くらいの世代が真摯にGood Music突き詰めてますよね。

Suchmos

もうかなり市民権が得られつつあるSuchmosJamiroquaiが好きなので一瞬でハマりました。今年一番聴いてたんじゃないかな・・・

個人的にはルーツとか、地元とか、ストリート性とか、仲間とか。そういうマイルドヤンキー的要素を10000倍くらい磨き上げたような、自分たちの文脈を大事にしているところに好感が持てます。

このドライブインシアターの記事からもわかるように、これからも「かっこいい男」のアイコンとして頑張ってほしいです。

I Don't Like Mondays.

Suchmosが無骨なかっこよさなら、この人たちはキザな男のセクシーさを突き抜けた感じ。でもどこか3枚目な雰囲気も漂うのがいい。「突き抜けた結果面白い」タイプ。

 

入り口はこちらでした。

夜の本気ダンス

よくわからないバンド名から、突き抜けるような疾走感のある四つ打ち。埋もれてほしくないなーと思います。よく動けるシャープな岡村靖幸

色気と持ち前のグルーブが、ほかの若手バンドとは違いを生んでいるんじゃないかな。

BOMI

アジカンゴッチさんのツイートで知ったBOMIさんの新曲。映像もすごい好きです。

短期間にめっっちゃ聴いてます。

Little Glee Monster

昔からリトグリを知っている人にとっては、ポップ路線に走ることはもしかしたら嬉しいことではないかもしれないけど、彼女たちが観客をノセることを目的としているなら、間違いではないと信じてます。 『私らしく生きてみたい』MV監督は小布施町出身だと最近知った関和亮さん。

tofubeats

最近好きなアルバムを聞いた とくに 話す相手はいない

珍しく空虚な世界観のtofuさんだけど、ストイックな音楽人の一面を見られているようで、懐に飛び込めた気がしていいのです。

宇多田ヒカル

待望の8年半ぶりのアルバム『Fantôme』 今年一番の話題作で、その待ち望んでいた時間をぶっ飛ばすがごとく、新たな『宇多田ヒカルを更新してくれました。

長年宇多田ヒカルを見てきた宇野さんのこの本を読むと、椎名林檎とコラボする意味などが見えて来る気がして美味しく味わえます。

鎮座DOPENESS

某フリースタイルBATTLE番組が大流行し、最近では「フリースタイルハラスメント」のようにどんどんと仕掛けてくる人が多いらしくて恐怖を感じます。

あとはやたらと韻を踏むことだけに全注力を捧げてウザ絡みしてくる人も怖い。

そんなやつには鎮座さんの自由でDOPEなフローをカマしてやりたいですね。温泉行きたい。

チプルソとのコラボのSTUDIO韻シストの回は、これを超えるコンビは来ないんじゃないかっていうくらいの神回。

BOOM BOOM SATELLITES

2016年10月9日。脳腫瘍の為この世を去った、BOOM BOOM SATELLITESのボーカル・ギター川島道行さん。大好きだったBBSが今後見られないなんて本当に胸が張り裂けそうでしたが、中野さんの優しい言葉一つひとつに救われた気がします。

最後の曲『LAY YOUR HANDS ON ME』は眩しい光が溢れるような、背中すっと押してくれるような世界観。川嶋さんの娘さんも出演しています。

生命の偉大を感じる一枚。

音楽に関してはCINRAをよく読んで、特にBBSのこの記事はすごく感動したのを覚えています。矢島さんいいよなあ・・・

まとめ

四つ打ち全盛からの新たな流れに沿って、かなりシティ・ポップに偏った選曲になりましたが、本当に同世代くらいのかっこいいグループが出てきていい年だったなーと思います。

悲しいニュースもあった一年でしたが、来年も素敵なアーティストに出会えるといいな! 2017年も大好きを増やしていける一年にしたいと思います。では!

ソトコト1月号にてインタビュー記事が掲載されました

f:id:koumei_hiro:20170805203034j:plain http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201701

以前からお世話になっているNPO法人green birdの横尾さんにインタビューしていただいた記事が、今発売されているソトコト1月号にて掲載されています。今の仕事に行き着いた簡単な経緯から、ひばりが丘で取り組んでいる仕事についてまとめてもらいました。

『リレーでつなぐまちのプロデューサーズ』というインタビュー記事のシリーズなのですが、「プロデューサーというより、仕事的にはADやカメアシに近いのでは・・・」と、少しの不安を抱えながらインタビューに答えました。ただ、やっていることへの思いには不安はありません。

趣旨は本文をご覧いただければと思いますが、一つ言えることは、ぼくは決して表舞台に立つ人間ではなく、そして、間違いなく地域の主役は住民のみなさんであることです。 演者はみなさん。ぼくは裏方です。

 

そんなぼくの思いはともかく、自分の複雑な仕事について公に出す珍しい機会ですので、ぜひ手にとって見ていただけると嬉しいです。

嬉しいんですが、変なところでへそ曲がりなので「具体的にはどんな仕事なの?」と聞かれたら、

「むしろどんな仕事だと思う?」 「あなたは、どんな仕事だったら嬉しい?」 「というかおれ何歳に見える?」

と調子にのって、どんどん面倒くさい男になっていく気がします。 なので、自分からはっきり喋りだすタイミングをお待ちください。

年明けは機会に恵まれ、そんな謎の仕事について何度かお話します。

勝手にミステリアスにするなと関係各所には言われそうですが、どうぞよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/events/1889373811296344/